読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microsoft News Japan

Windows10 や Microsoft Office、Hololensなど、Microsoft の製品に関する最新情報やニュースをまとめていきます。Microsoft や日本マイクロソフトとは一切関係ありません。

スポンサーリンク

★【徹底解説】Windows 10 の最新情報 【新機能 リリース時期 発売日 価格 無料 プレビュー版 変更点 ウインドウズ10 ウィンドウズ10 評判 windows10】

 
 
 
Windows 10 の無償アップグレードの提供が2015年7月29日に始まりました。
前バージョンのWindows 8 や Windows 8.1 が
不評だっただけに期待を集めています。

そんな Windows 10 の価格や新機能など、
わかったことをひたすら整理していきたいと思います。

(Windows10 のように日々内容のブラッシュアップを行います。
ぜひ定期的にご覧ください!)
 

*発売日:Windows 10 の提供開始は7月29日

Windows10(ウィンドウズ10) は、2015年7月29日に正式リリースされた
次期 Windows OS です。
 
2015年3月17日に Microsoft が「2015年夏に Windows 10 の提供を開始する」ことを発表。
 
2015年6月1日には、「2015年7月29日にリリースする」ことを発表しました。
 
2015年7月29日に PC、タブレット向けのアップグレード版をリリース。
スマートフォンや小型タブレット、
Xbox One、Surface Hub、Microsoft HoloLens 向けの Windows 10 は
今後順次リリースされるとみられます。

 

 

  アップグレード版 OEM 版・プリインストール版 パッケージ版・ダウンロード版 DSP 版
PC 向け 2015/07/29(確定) 2015/8 より順次 2015/9/4 2015/08/01
モバイル向け 2015/11/27 から 2015/11/28 か - -
IoT 向け - - 2015/8/11 -
Xbox One 向け 2015/11/13 未定 - -
HoloLens 向け - 2016年1月から3月? - -
Surface Hub 向け - 2016/1(Surface Hub 発売予定) - -

 

 

 

 

Windows 10 のリリース日の情報については以下の記事にまとめてあります。
 
 

microsoftnews.hatenablog.jp

 

Windows 10 のパッケージ版とダウンロード版は

2015年9月4日に発売されました。

 

microsoftnews.hatenablog.jp

 

 

 

*Windows 10 はスマホから PC まで幅広くカバー

Windows 10 の最大の特徴は、PC、スマホ、タブレット、

さらには画面を持たない機器まで

様々な形のデバイスに幅広く対応している OS であることです。

 

これまでの Windows では、デバイスの種類と対応する OS 、

動作するアプリの種類は以下のようになっていました。

 

OS デスクトップ
アプリ
Windows Store
アプリ
Windows Phone
アプリ
Windows
(PC)
○* ×
Windows
RT
(タブレット)
× ×
Windows
Phone
(スマホ)
× ×

*Windows 8.x 以降で動作

 

  • デスクトップアプリ = Windows 7 以前でも作動するおなじみのデスクトップ向けのソフトウェア。Win32 アプリなど。公式ストアはなく、自由にインストール可能。

  • Windows Store アプリ = Windows8 で登場した全画面表示が基本のアプリ。Windows 8 アプリ、メトロアプリ、などとも呼ばれる。Windows ストアでのみ、公開、配布、インストールできる。

  • Windows Phone アプリ = Windows Phone で使用できるアプリ。Windows Phone ストアでのみ公開、配布、インストールができる。

 

f:id:shoplists:20150723060326j:plain

(↑デスクトップアプリのペイントとメモ帳)

 

f:id:shoplists:20150605025725j:plain

(↑ 全面表示された Windows アプリの Skype)

 

f:id:shoplists:20150605025822j:plain

(↑ Windows Phone アプリの OneDrive。全面表示されています。画像は Windows Phone Store より引用。)

 

これまでの Windows の世界は、デバイスごとに(主に画面の大きさごとに)
担当する OS のバージョンも使えるアプリの種類もバラバラ…でしたが、
Windows 10 では、こんな感じになるようです。

 

  OS デスクトップ
アプリ
Windows
アプリ
PC・タブレット Windows 10
小型タブレット
Windows 10
(モバイル版)
×
スマートフォン

※Microsoft Hololens や Xbox、その他の組み込み機器向けには、

別のバージョンが用意されるようです。

 

リリース時のエディションについては

別の記事にまとめてあります。

 

microsoftnews.hatenablog.jp

 

Windows 8 や 8.1 と比べて、

少しだけすっきり整理されました。

 

Windows 10 では、

従来のデスクトップアプリも動く PC 向けのバージョンと

動かない タブレット、スマホ向けのバージョンが用意されるようです。

 

現在のところ Microsoft では、

  • PC 向けのバージョン=「Windows 10 for PC(s)」、

  • スマホやタブレット向けバージョン=「Windows 10 for Phones and Small Tablets」

と呼んでいます。

 

(リリース時のエディションについては後述)

 

 

f:id:shoplists:20150608004136j:plain

 

これら2つを分けるのは、画面の大きさ。

  • Windows 10 for PC(s) は8インチ以上(エンタープライズ向けは7インチ以上)
  • Windows 10 for Phones and Small Tablets は、それ未満

の画面サイズを持つデバイスをそれぞれサポートします。

 

また、Windows 10 は、Xbox や HoloLens、

小型IoTデバイスにも対応する予定で、

共通の仕組み、操作性を実現するとしています。

 

そして、Windows 10 では、PC、タブレット、スマホなど

どのデバイスでも動作する「ユニバーサル Windows プラットフォームアプリ」(Windows アプリ)が

新たに用意されます。

 

例えば、「Word Preview」(Word for Windows 10)。

f:id:shoplists:20150723062154j:plain

 

PC やタブレットでも

従来のデスクトップに似た感覚

使用できるのはもちろん、

 

f:id:shoplists:20150607034751j:plain

(画像は Modern productivity—Office on Windows - Office Blogs より引用)

 

 Windows 10 搭載のスマートフォンでも使用することができます。

 

さらに「ユニバーサル Windows プラットフォームアプリ」(UPW アプリ)は、

様々な形のデバイスでも使用することができます。

 

f:id:shoplists:20151122074339j:plain

ゲーム機である「Xbox One」、

壁に掛けて電子黒板のように使う「Surface Hub」、

眼鏡型のデバイスである「Microsoft HoloLens」など

大きさや画面の有無にかかわらず、

1種類のアプリが異なる形態の機器で動作するとされています。

 

需要があるかわかりませんが、

例えば、UWP アプリ版の Microsoft Office を

Xbox One や Microsoft HoloLens で動かすことも

理論上は可能になります。

 

この「ユニバーサル Windows プラットフォームアプリ」、

新たに用意される、と言っても

Windows 8 で登場した「Windows Store アプリ」をもとにしたものです。

 

「ユニバーサル Windows プラットフォームアプリ」として作られているのは

Microsoft など一部の開発者が作成したアプリに限られますが、

今後、Windows 10 の普及状況によっては

この形式が標準になると思われます。

 

*ユーザーの声を大事にした Windows に

Windows 8 のリリースの際に、

スタートメニューを廃止するなどして、

「ユーザー軽視」と批判を受けることの多かった Microsoft。

 

Windows 10 のリリースで Microsoft の姿勢が変わろうとしています。

 

Windows 10 では、新たに「Windows フィードバック」

というアプリがインストールされており、

機能や操作性に関する意見を投稿することができます。

f:id:shoplists:20150607031648j:plain

 

Insider Preview では、日本語でもすでに多くのフィードバックが寄せられており、

フィードバックが機能や操作性の改善に反映されています。

 

この「Windows フィードバック」は製品版にも

インストールされています。

 

*価格…アップグレードが無料に!

*無償アップグレードの発表

2015年1月に行われた「Windows 10: the Next Chapter」では、

 

  • Windows 8.1
  • Windows Phone 8.1

 

そしてなんと

 

  • Windows 7

 

のユーザーにWindows 10のアップグレードを

無料で提供すると発表されました

(アップグレードの提供はリリース後1年限定)。

 

ただし、Windows xp / Vista からのアップグレードは有料です。

また、DSP 版やパッケージ版、ダウンロード版は

これまで通り有料。

 

Windows 10 がプリインストールされているパソコンを新規購入する場合も

無料になるわけではなく、

Windows 10 の価格はパソコン本体に上乗せされます。

 

Windows 10 アップグレードの無償提供については

以下の記事をご覧ください。

 

 

microsoftnews.hatenablog.jp

  

*Windows10 リリース時のエディション

リリースが予定されている Windows 10 のエディションが

Microsoft から発表されました。

 

これで全部かどうかはわかりませんが、

現在までに発表されているのは、

以下の7種類のエディションです。

 

【個人ユーザー向け】

  • Windows 10 Home
  • Windows 10 Mobile
  • Windows 10 Pro

 

【企業向け】

  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 10 Education
  • Windows 10 Mobile Enterprise

 

【IoTデバイス向け】

  • Windows 10 IoT Core

 

これとは別に Xbox One や Microsoft Hololens 向けの

Windows 10 も用意される予定です。

 

 

 

microsoftnews.hatenablog.jp

 

*Windows10 の様々な新機能・変更点など

2015年7月29日のリリース時点での

Windows 10 の新機能や変更点をまとめました。

 

microsoftnews.hatenablog.jp

 

*【更新】Windows 10 初の大型アップデート

2015年11月13日に、Windows 10 としては

初めてとなる「メジャーアップデート」の配信が始まりました。

 

バグの修正をはじめ、新しい機能が盛り込まれています。

変更点などをまとめました。 

 

microsoftnews.hatenablog.jp

 

*Windows 10 へのアップグレード

Windows 7 / 8.1 から Windows 10 へ
手動でアップグレードする方法を紹介しています。

microsoftnews.hatenablog.jp

 

*Windows 10 の「ガイドブック」も続々発売

2015年7月29日以降、Windows 10 に関する本が何冊か発売されるようです。

 

アップグレードするか迷っている方や
Windows 10 の操作に自信がない方は
購入してみてはいかがでしょうか。