Microsoft News Japan

Windows10 や Microsoft Office、Hololensなど、Microsoft の製品に関する最新情報やニュースをまとめていきます。Microsoft や日本マイクロソフトとは一切関係ありません。(現在一部工事中)

☆Chromebook 向け「Microsoft Office」アプリは、無料ではなく、Office 365 の契約が必要【クロームブック 料金体系 安く 価格 学生 VBA マクロ Android google play Microsoft 365】

2020年4月より「Office 365」が「Microsoft 365」に変わりました。

この記事も新しい名称に合わせて改訂を予定していますが、

最新情報は以下の記事をご覧ください。

microsoftnews.hatenablog.jp

 

最近 私が持っている Windows パソコンの調子が悪く、
パソコンを買い替えようと思うのですが、
Chromebook が気になっています。

 

f:id:shoplists:20200229044537j:image

HP Chromebook x360 12b

画像はHP Chromebook x360 12b – Google Chromebooksより
 
いろいろな観点で、
Windows パソコンと Chromebookを比べるうちに、
Chromebook で Microsoft Office を使いたい場合、
「買い切り型」は存在せず、
「サブスクリプション型」しか存在しないことがわかりました。
 
今回はこの辺りの料金体系等についてまとめていきたいと思います。

 

Chromebook について

Chromebook とは、Google が開発した

Chrome OS を搭載したコンピューターのことです。
 
Windows でも Mac でもない OS を搭載しており、
以下のような特徴があります。
 

  • 起動が早い
  • ウィルス対策ソフトが不要
  • データは(ほぼ)全てクラウドに保存されるので、本体に保存する必要がない
  • Android アプリをインストールすることができる

 
Google Play ストアから対応アプリをダウンロードすることができます。
 
例えば Adobe の Acrobat Reader やYouTube アプリなどをダウンロードして
Chromebook 内で使用することができます。
 
また、ウェブブラウザとして Google Chrome がインストールされており、
パソコンとほぼ同じようにホームページ等を閲覧することができます。
 
YouTube アプリなどをダウンロードして
Chromebook 内で使用することができます。
 
また、ウェブブラウザとして Google Chrome がインストールされており、
パソコンとほぼ同じようにホームページ等を閲覧することができます。
 
全体的な操作感は Windows パソコンとほぼ同じで、
Windows パソコンに慣れていればある程度、簡単に使用することができます。

 

Google Play ストアから Microsoft Office をダウンロードできる

Google Play ストアから
Office アプリである Word、Excel、PowerPoint をダウンロードすることができます。
 
機能や使用感としては、Android アプリとほぼ同じです(実態はAndroid アプリであるため)。

 

support.office.com

 

www.itmedia.co.jp

 

ちなみに、Chromebook 向けの Office アプリでは、

iOS や Android 向けのものと同様に、

VBA (Visual Basic for Application) を使うことはできません。

 

また、デスクトップアプリ版で使える機能が制限されていることがあります。

 

たとえば、オートシェイプ(四角や丸などの図形を挿入する機能)の枠の太さを調整することはできません。

 

デスクトップアプリ版と同じ機能を求めるのであれば、

Chromebook ではなく、Windows PC か Mac を購入するべきです。


一部のChromebook では Microsoft Officeは有料

 

まず、Chromebook のうち、
画面サイズが10.1インチ以下の場合、
Office アプリの編集などの基本的な機能を無料で使用することができます。
 
画面サイズが10.1インチを超える場合、
または Office アプリの追加機能を使いたい場合、
無料ではなく有料となります。
 
Chromebook 向け Office アプリでは、
買い切り型は用意されておらず、
Office 365と呼ばれるサブスクリプション型、
つまり月額、年額で使用料を支払う形式しか用意されていません。
 
この辺は、iOS や Android 向け Office アプリと同じシステムになっているようです。
 

f:id:shoplists:20200229042752j:image
 
まとめると...

Chromebook で Microsoft Office を使いたい場合...

  • 「買い切り型」は存在せず、「サブスクリプション型」(=月額または年額で使用料を支払う形式)しか存在しない
  • 画面サイズが10.1インチ以下であれば、無料で編集等が可能
  • 画面サイズが10.1インチを超える場合は、Office 365 の契約が必要

 

Office 365 をできるだけ安く契約する方法は?

 

具体的な方法は下記のページにまとめてあります。

microsoftnews.hatenablog.jp

 

iPad で Office アプリを可能な限り安く契約する方法についてまとめてありますが、

Chromebook で Office アプリを使う場合でも、同じ作戦が使えます。

 

Windows や Mac 向けのデスクトップアプリが必要でない場合、

「Office 365 Business Essentials」をお名前.com で契約すれば、

最安で1か月あたり510円から契約することができます。

 

  1. お名前.com で「Office 365 Business Essentials」を契約する...510円 / 1か月から(Windows / Mac 向けデスクトップアプリなし)
  2. Microsoft Store で「Office 365 Business Essentials」を契約する...540円 / 1か月から(Windows / Mac 向けデスクトップアプリなし)
  3. お名前.com で「Office 365 Business」を契約する...860円 / 1か月から(Windows / Mac 向けデスクトップアプリあり)
  4. Microsoft 公式サイトで「Office 365 Business」を契約する...900円 / 1か月から(Windows / Mac 向けデスクトップアプリあり)

 

 

以上4つの方法が

「Office 365 Solo」を

Chromebook の Office アプリにあるリンクから契約したり、

店頭やMicrosoft Store で購入するよりも安く契約する方法です。

 

学生の場合は、Office 365 Education が無料で利用でき、

Chromebook や iPad などの Office アプリを無料で利用できる可能性があります。

 

Chrome ブラウザで「Office Online」を使用する場合は無料

 

「Chromebook で Office を使うのは有料」と書きましたが、

これはアプリをダウンロードして使う場合の話です。

 

Microsoft Office には

Web ブラウザで使用できる「Office Online」というサービスがあります。

 

Windows や Mac にデスクトップアプリがインストールされていなくても、

OneDrive に保存された

Word、Excel、PowerPoint のファイルを編集・閲覧することができます。

 

無料の Web 用 Microsoft Office、Word、Excel、PowerPointproducts.office.com

 

このサービスは Chromebook の Web ブラウザでも利用可能です。

 

デスクトップアプリや Android アプリよりも機能は劣り、

編集できる項目にも限りがありますが、

それが我慢できればこちらを利用することもできます。

 

f:id:shoplists:20200229044847j:image

画像は 無料の Microsoft Office オンライン、Word、Excel、PowerPoint (旧称 Office Online) より

 

Chrimebook で Office Online、Office アプリ、Google ドキュメントのそれぞれで

ファイルを開いた時の表示のされ方等がまとめられたブログがありました。

 

www.xiaolinmian.com

 

 

関連記事

 

microsoftnews.hatenablog.jp 

microsoftnews.hatenablog.jp