Microsoft News Japan

Windows10 や Microsoft Office、Hololensなど、Microsoft の製品に関する最新情報やニュースをまとめていきます。Microsoft や日本マイクロソフトとは一切関係ありません。

スポンサーリンク

☆10/16発売 新型「Surface Pro 6」2018年-第5世代との違いは?【価格 性能 予約 比較 スペック 仕様 構成 機能 レビュー go LTE 販売場所 office SurfacePro6 発売日 ペン タイプカバー】

Microsoft は2018年10月3日(日本時間)に行われたイベントの中で

Surface Pro、Laptop、Studio、

また音声アシスタント Cortana 対応のヘッドホン「Surface Headphones」

などの新製品を発表しました。

 

Surface Pro の新製品である「Surface Pro 6」は、

日本では2018年10月16日に発売予定です。

 

*名前は「Surface Pro 6」に

これまで「Surface Pro」、「Surface Pro 2」、

「Surface Pro 3」、「Surface Pro 4」とバージョンアップしてきましたが、

第5世代からは名前が単に「Surface Pro」となり、

それ以前のモデルと区別が必要な場合は

「Surface Pro(第5世代)」などと表記されてきました。

 

しかし、今回の第6世代は「Surface Pro 6」となり、

ナンバリングが復活しました。

 

*サイズ・重さ

サイズは、縦20.1cm、横20.1cmで

B5サイズ(25.7cm×18.2cm)よりも

一回り大きいサイズ。

 

私は旧型の Surface Pro(第5世代)を使っていますが、

持ち運ぶ際にも、鞄に楽々入れることができます。

 

重さは Surface Pro 6 が約800g、

タイプカバーが約300gと、

合計で1.1kgほど。

 

1kg超えとなると重いように思えますが、

実際に持ち運びするとそれほど気になりません。

 

*インターフェイス:USB Type-C はなし

 

本体に付いている外部端子は、

  • USB 3.0
  • ヘッドセットジャック
  • Mini DisplayPort
  • microSDカードリーダー

のみ。

 

USB が1つしかないのは不便だと感じるときがあります。

USB ハブで増やせばよいのですが。

 

Surface Go のように、

USB Type-C が付くことを望む声も多かったようですが、

今回は実現しませんでした。

 

*タイプカバー、Surface ペンは旧型と同じ

タイプカバー(キーボード付きのカバー)と Surface ペンは、

少なくとも「Surface Pro(第5世代)」で使えていたものは

「Surface Pro 6」でも使えるそうです。

 

ただし、Microsoft 公式の情報ではないので、

購入する際に確認した方がよいかもしれません。

 

*Surface Pro(第5世代)との違い

1世代前の「Surface Pro(第5世代)」

(場合によっては、「Surface Pro 4」)と

新たに発売される「Surface Pro 6」の違いを中心に

「Surface Pro 6」を掘り下げていきたいと思います。

 

旧型「Surface Pro(第5世代)」との違いはほとんどなく、

「CPU 性能が向上し、価格がやや下がった」と考えてください。

 

ただし、「Core m3 / 4GB メモリ / 128GB ストレージ」の最安モデルが

消滅したため、

全体的に価格は上昇しています。

 

「Surface Pro(第5世代)」との違い
  1. 価格が安くなった?
  2. 性能がやや向上
  3. カラーバリエーションが追加
  4. OS が Windows 10 Pro ではなく、Windows 10 Home に
  5. Office アプリ

 

1. 価格が安くなった?

Core i5 / 8GB / 128GB モデルで比較
Surface Pro
(第5世代)
Surface Pro 6
12万9,384円 13万6,944円
→7,560円ほど安くなった!

 

1世代前の「Surface Pro(第5世代)」では

Core m3 / 4GB メモリ / 128GB ストレージで11万4,264円

の構成が最安でしたが、

新型「Surface Pro 6」では廃止され、

Core i5 / 8GB メモリ / 128GB ストレージで12万9,384円

の構成が最安です。

 

(Core m3 / 4GB メモリ / 128GB ストレージのモデルは

廉価モデルである Surface Go に引き継がれた形です。)

 

値上がりしたようにも見えますが、

同じ性能のものを比較すると安くなっていることがわかります。

 

新型「Surface Pro 6」の価格

CPU メモリ ストレージ 価格(税込)
Core i5 8GB 128GB 12万9,384円
Core i5 8GB 256GB 15万0,984円
Core i7 8GB 256GB 19万5,264円
Core i7 16GB 512GB 24万2,784円
Core i7 16GB 1TB 29万0,304円

(Surface タイプカバーは別売り) 

 

「Surface Pro  (第5世代)」の価格

CPU メモリ ストレージ LTE 価格
Core m3 4GB 128GB   11万4,264円
Core i5 4GB 128GB   13万6,944円
Core i5 8GB 128GB   13万6,944円
Core i5 8GB 256GB   15万8,544円
Core i5 8GB 256GB 17万4,744円
Core i7 8GB 256GB   20万6,064円
Core i7 16GB 512GB   28万0,584円
Corei7 16GB 1TB   34万1,064円

 (Surface タイプカバーは別売り) 

 

同じ構成のものを取り出して、

価格を比較してみます。

 

 「Surface Pro(第5世代)」と「Surface Pro 6」の価格比較

CPU メモリ ストレージ Surface Pro 6 Surface Pro
(第5世代)
差額
Core i5 8GB 128GB 12万9,384円 13万6,944円 -7,560円
Core i5 8GB 256GB 15万0,984円 15万8,544円 -7,560円
Core i7 8GB 256GB 19万5,264円 20万6,064円 -1万0,800円
Core i7 16GB 512GB 24万2,784円 28万0,584円 -3万7,800円
Core i7 16GB 1TB 29万0,304円 34万1,064円 -5万0,760円

 

Core i5 / 8GB / 128GB のもので旧型と比較して約5.5%、

Core i7 / 16GB / 1TB のもので14.8%安くなりました。

 

同じ性能のものがおよそ5%から15%安くなったということです。

 

お手頃なCore m3 / 4GB / 128GB のモデルがなくなったことで

購入のハードルはやや高くなりましたが、

安くなったのは消費者にとってうれしいことです。

 

2. 性能がやや向上

旧型「Surface Pro(第5世代)」とスペックは

ほとんど変わっていませんが、

CPU の性能が向上しています。

 

具体的には、

 旧型「Surface Pro(第5世代)」が第7世代 Core を搭載していたのに対して、

新型「Surface Pro 6」は第8世代 Core を採用しています。

 

これが使用時のパフォーマンスに

どの程度影響するのか素人にはわかりませんが、

性能はやや向上したと言えるでしょう。

 

(マイクロソフトの公式ホームページによると、

処理速度が「Surface Pro(第5世代)」と比べて

67%高速化しているとのことです。)

 

その他の部分はほとんど変わっていません。

 

「Surface Pro(第5世代)」と「Surface Pro 6」の性能比較

  Surface Pro 6 Surface Pro(第5世代)
本体サイズ 292 mm x 201 mm x 8.5 mm 292.10 x 201.42 x 8.5 mm
記憶容量 128GB、256GB、512GB、1TB 128 GB、256 GB、512 GB、1TB
ディスプレイ
画面: 12.3” PixelSense™ ディスプレイ 画面: 12.3 インチ PixelSense ディスプレイ
解像度: 2736 x 1824 (267 PPI) 解像度: 2736 x 1824 (267 PPI)
縦横比:3:2 アスペクト比: 3:2
タッチ: 10 点マルチタッチ 10 ポイント マルチタッチ
バッテリー駆動時間 最大 13.5 時間のローカルドライブ上の動画再生 ビデオ再生は最長 13.5 時間
メモリ 8GB または 16GB RAM 4 GB、8 GB、16 GB の RAM
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス620 (i5)
インテル® UHD グラフィックス 620 (i7)
Intel HD Graphics 615 (m3)
Intel HD Graphics 620 (i5)
Intel Iris Plus Graphics 640 (i7)
プロセッサ インテル® Core™ 第 8 世代 i5 または i7 第 7 世代 Intel Core m3、i5、i7
外部端子 1 x フルサイズ USB 3.0
3.5 mm ヘッドセット ジャック
MicroSDXC カードリーダー
Mini DisplayPort
Surface タイプカバー端子
1 x Surface Connect 端子
フルサイズ USB 3.0
3.5 mm ヘッドセット ジャック
microSDXC カード リーダー
Mini DisplayPort カバー ポート
Surface Connect
セキュリティ
エンタープライズ セキュリティ向け TPM 2.0 チップ エンタープライズ レベルのセキュリティを実現する TPM チップを搭載
Windows Hello 顔認証サインインによるエンタープライズ級の保護 Windows Hello 顔認証サインインによるエンタープライズ クラスのセキュリティ
カメラ、ビデオ、およびオーディオ
Windows Hello 顔認証サインイン用カメラ (前面) Windows Hello 顔認証カメラ (前面)
5.0MP フロント カメラ (1080p Skype HD ビデオ対応) 5.0 MP フロント カメラ (1080p Skype HD ビデオに対応)
8.0MP オートフォーカス付きリア カメラ (1080p Full HD ビデオ対応) 8.0 MP のオートフォーカス機能付き背面カメラ (1080p Full HD ビデオに対応)
デュアルマイク デュアル マイク
Dolby® AudioTM Premium 搭載 1.6W ステレオ スピーカー Dolby Audio Premium 対応の 1.6 W ステレオ スピーカー
ソフトウェア
Windows 10 Home Windows 10 Pro
Office Home & Business 2016 Office Home & Business 2016
ワイヤレス機能 Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac compatible
Bluetooth 4.1 ワイヤレス技術
Wi-Fi: 802.11ac Wi-Fi ワイヤレス ネットワーク、IEEE 802.11 a/b/g/n 対応、Bluetooth ワイヤレス 4.1 テクノロジ 最新の LTE (オプション)
センサー
光センサー 環境光センサー
加速度計 加速度計
ジャイロスコープ ジャイロスコープ
外形 ケース:隠し境界通気口付きのシグネチャー一体型マグネシウムデザイン
カラー: プラチナ、ブラック
物理的なボタン: 音量、電源
音量キーおよび電源キー
同梱物
Surface Pro 6 Surface Pro
電源アダプター 電源ユニット
クイックスタートガイド クイック スタート ガイド
安全性および保証に関するドキュメント 安全性と保証に関するドキュメント
保証 1 年間のハードウェア保証 1 年間のハードウェア限定保証
重量 (タイプカバーを除く*) i5 : 770g
i7 : 784g
i5: 770 g
i7: 784 g
m3: 768 g

 

ディスプレーは12.3インチ、

大きさは292 mm x 201 mm x 8.5 mmとほぼ変わらず。

 

重さは、公式サイトが誤っていて、

旧型と比較して5gから10g重くなっている、

という指摘もありますが、ほぼ変わらないと考えてよいでしょう。

Surface Pro 6は何が変わった? 先代Proとスペック比較! - ITmedia PC USER

 

3. カラーバリエーションが追加

これまでは、シルバーのモデルしか用意されていませんでしたが、

「Surface Pro 6」からはブラックのモデルが仲間入りしました。

f:id:shoplists:20181006214315j:plain

 

f:id:shoplists:20181006214312j:plain

(画像は2点ともマイクロソフト公式ホームページより)

 

公式ホームページでは「プラチナ」と表現されていますが、

「ブラック」と「プラチナ」の2種類から選択することができます。

 

ただし、最小構成である Core i5 / 8GB / 128GBと

最大構成である Core i7 / 16GB / 1TB のモデルは

プラチナしか用意されていません。

 

表にまとめると以下のようになります。

 

CPU メモリ ストレージ 価格 プラチナ ブラック
Core i5 8GB 128GB 12万9,384円  
Core i5 8GB 256GB 15万0,984円
Core i7 8GB 256GB 19万5,264円
Core i7 16GB 512GB 24万2,784円
Core i7 16GB 1TB 29万0,304円  

 

4. OS が Windows 10 Pro ではなく、Windows 10 Home に

搭載されている「Windows 10」が

「Pro」から「Home」に変更されています。

 

簡単に説明すると、

「Windows 10 Pro」はビジネス用途向け、

「Windows 10 Home」は

 

一般的な使用ではほぼ差はありませんが、

「Pro」には「Home」にない機能があります。

 

例えば、強固な暗号化とセキュリティ管理でデータを守る「BitLocker」、

家の中や屋外でサインインして PC を使う「リモートデスクトップ」、

仮想マシンを作成、実行する「Hyper-V」、

Azure Active Direcory やドメイン参加など

「Home」には搭載されていない

ビジネス向けの機能が用意されています。

Compare Windows 10 エディションおよびバージョン | Home & Pro

 

一般家庭ではあまり使わない機能ばかりですが、

「Surface Pro(第5世代)」までは OS として搭載されてきました。

 

ちなみに、「Windows 10 Home」から

「Windows 10 Pro」へアップグレードするには、

Microsoft Store の価格で1万3,824円かかります。

 

f:id:shoplists:20181006221317j:plain

 

「Surface Book 2」には引き続き「Windows 10 Pro」が搭載されていることから、

ビジネス用途の中でもより高度な機能を使い方をするものについては

「Surface Book 2」を選んでほしいということなのだと思われます。

 

5. Office アプリ

Surface Pro 4 Surface Pro (第5世代)
Surface Pro 6
Office Home & Business Premium 搭載 Office Home & Business 2016
・デスクトップアプリは最新版に自動更新 ・デスクトップアプリは購入した時のバージョンのまま
・Office 365 サービスが付帯する
(OneDrive 1TB ストレージや Skype で固定電話や携帯電話の回線に月60分までかけられるサービスなどが1年間に限り受けられる)
廃止

 

Office のデスクトップアプリについては、現在のところ、

「Surface Pro(第5世代)」と同じく

「Office Home & Business 2016」がプリインストールされています

(プロダクトキーが書かれたカードが入っており、

インストールは自分で行う形式かもしれません)。

 

「Office Home & Business 2016」には、

Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、

OneNote 2016、Outlook 2016 が含まれます。

Access 2016 や Publisher 2016 は含まれません。

 

(ただし、2018年9月24日(現地時間)に

「Office 2019」の一般提供が始まったので、

「Surface Pro 6」にインストールされる Office も

「Office 2019」に代わるのではないかと思います。)

 

ところで2世代前の「Surface Pro 4」には

「Office Home & Business Premium」がインストールされていました。

 

これは、永続版の Office デスクトップアプリが

プリインストールされているのに加えて、

Office 365 のサービス(OneDrive 1TBストレージや Skype の無料通話など)が

1年に限り利用できるというものでした。

 

しかも、インストールされている Office は常に自動更新。

つまり、購入時にインストールしたのが「Office 2013」だったとしても

「Office 2016」の提供が始まれば、

「Office 2016」へ更新することができたのです。

 

しかし、2018年2月ごろから「Office Premium」は終了していたようで、

2万円高い「Surface Go」であらためて浮き彫りになる、日本の「Office」事情 - BCN+R)

それ以降に発売された「Surface Pro(第5世代)」や

「Surface Book 2」、「Surface Laptop」、

「Surface Studio」には

「Office Premium」ではなく「Office Home & Business 2016」が

インストールされています。

 

*「Surface Pro 6」は10月16日発売

価格が安くなり、性能が向上した「Surface Pro 6」は

2018年10月16日に発売されました。

 

日本マイクロソフト公式サイトや家電量販店などで販売しているようです。

 

 

www.biccamera.com